tee-photo

teephoto.exblog.jp
ブログトップ
2010年 04月 11日

厚いコンクリートの向こう側に 三井三池炭鉱 三川坑 [1]

『三井三池炭鉱』

九州に住んでいると、以前は良くニュースで耳にしたこの名前
福岡県大牟田市と熊本県荒尾市にまたがる一帯で操業していた炭鉱の総称です

その中でも最後まで操業していたのがこの三川坑です
c0187803_2362978.jpg


閉山したのは今から13年前の1997年3月30日
現在は残っている建物も僅か
c0187803_2375839.jpg


大半の建物は解体され、更地が広がっています
c0187803_2364337.jpg


そんな中でも重要な場所への入口
この閉ざされたシャッターの向こうにあるのは・・
c0187803_237050.jpg


閉塞されながらも保存されている第二斜坑です
c0187803_238532.jpg


有明海の海底採炭を目的で開抗した三川坑
このコンクリートの向こう側には、今でも海底に向かって暗くて長い斜坑が伸びているはず
そこではかつて大勢のヤマの男達が働いていたんだと思うと、何だかとても神聖な場所に思えました
c0187803_239565.jpg
 [Nikon D300 / AF-S DX 10-24mm F3.5-4.5G]

ひさびさの大型物件!!
もちろん、まだまだ続きます(^-^)


 にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
 ランキングに参加中です!
 足跡代わりにポチッとお願いします

[PR]

by tee-photo | 2010-04-11 03:34 | 産業遺構


<< 長く暗いトンネルを -三川坑 ...      Highballの夜 >>