tee-photo

teephoto.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 07日

尾道の夜

連休は広島に行ってました
やっぱり高速料金が¥1,000ってのはスゴイです

ここは昨年復活した「シネマ尾道」です
昭和の懐かしい感じがしました
c0187803_9154389.jpg
[Nikon D300 / TOKINA AT-X 124 PRO DX]

こんな何気ない路地裏にも良い雰囲気があります
尾道には独特な魅力がありますね〜!
c0187803_9155198.jpg
[Nikon D300 / TOKINA AT-X 124 PRO DX]

たださすがにこの高感度ではノイズが・・・
手持ちの限界こえてます(汗


にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
ランキングに参加中です!
何かを感じて頂けたらポチッとお願いします
[PR]

by tee-photo | 2009-05-07 09:20 | | Comments(10)
Commented by n-kuroko at 2009-05-07 12:02
高速を使って出かけた周りの人に聞くと、今回は意外と(覚悟したほどは?)
混まなかったって話が多いんです。
テレビを見ますと、結構混んでた気がするんですが(^^;;
teeさんは渋滞で苦労しませんでした?
ぽち☆
Commented by tee-photo at 2009-05-07 17:48
>kurokoさん、こんにちは
高速は多少混んだけど、酷い目にはあいませんでしたね
でもSAやPAでは凄かったですよ〜
車内で寝てるんで、待ってても空かないし・・
それより友達の車のナビに振り回されっぱなしでした(涙)
Commented by takeb6 at 2009-05-07 22:43
こんばんは
20数年ほど前に尾道に行きました。
大林監督の尾道三部作のファンでしたのでロケ地周りをした記憶があります。どこを切り取っても絵になる所ですね
もう一度カメラを持って行ってみたい所です。
Commented by teddy-miu-miu at 2009-05-07 22:44
こんばんは。
「料金は千円です」って初めて聞いて・・・「おおーっ!本当だ!」ってちょっと嬉しかったり・・・(^^;)
尾道、裏路地の坂道・・・いい雰囲気で撮られましたね。
ノイズもこれまたありだと思いますよ。
Commented by J-マッチ at 2009-05-07 23:25 x
皆さん「どこまで走っても1000円」の恩恵を受けているようですね。
僕は、御輿来海岸の後は人吉まで行きました。
これからは、ドライブの少し距離が伸びそうです。

二枚目の写真のような構図がとても好きです。
尾道ならばでぱの風景ですね。
僕も、このような写真を秋に臼杵で撮りたいと考えてます。
Commented by tee-photo at 2009-05-08 14:05
>takeb6さん、こんにちは
尾道三部作はボクも好きでしたよ!原田知世は長崎出身だし
今回も時間がなかったので、もっと撮りたかったです・・
でもまた行く理由が出来たとも思ってますけどね(笑
Commented by tee-photo at 2009-05-08 14:14
>teddyさん、こんにちは
やっぱ¥1,000は良いです!!
遠くに行かない手は無いですよね〜(笑
あちこちに雰囲気のイイ路地があって、ぜんぜん撮り足りませんでした・・
次に行ったときの課題ですね〜(何年後になることか…)

Commented by tee-photo at 2009-05-08 14:16
>J-マッチさん、こんにちは
臼杵も古い町並みが魅力ですよね〜
石仏くらいしか見た事無いんで、ボクも行ってみたいですね!
J-マッチさんの臼杵の写真、楽しみにしてますね〜
Commented by hunter at 2009-05-08 17:13 x
tee-photoさん
ヾ(〃⌒ ー———⌒)ノ~~コンニチワァ♪
昨晩は、休み無く働き続けたつけが回って来て、自分のサイトを更新した後、ばったりでした。。。汗

尾道は、映画の舞台にもよくなりますね!
本当に昭和がそのまま残っている町です♪

D300は私も使っていましたが、高感度は、やはりD700やD3の出番ですね^^
Commented by tee-photo at 2009-05-09 01:37
>hunterさん、こんばんは
D300では頑張っても1600までですね〜
このカットは増感までやってるんで、やはりツライですね(涙
でも食事に出た時で三脚は持って無かったんですよ
しかしこの暗さ、しかも手持ちでこれだけ撮れるのはやっぱりスゴイですね
でもD700は欲しいです、やっぱ、、


<< 尾道の夜 2      空を貫く >>